北海道の車中泊晩酌に超おススメな地元スーパーマーケットグルメ

ニシン切込み

道産子の筆者が、車中泊で北海道旅をされている方が車内で晩酌をするときに、超おすすめなグルメをご紹介します。(2022.07.04 記)

スポンサーリンク


リーズナブルなのにめちゃウマ

北海道のグルメといえば、いくら、カニ、ジンギスカンなど、いろいろありますが、あまりスポットが当たっていないものの、超おススメなグルメのひとつに「ニシンの切り込み」があります。

ニシンの切り込み

北海道や東北地方では、普通にスーパーマーケットに売っていますが、価格がリーズナブルなせいなのか、その美味しさに比例した評価が得られていない隠れたグルメといって良いのではないでしょうか。

特に、お金をかけずに車中泊する人が、社内で晩酌を楽しむ際の肴として、筆者は強烈にプッシュしたいと思います。

ニシンの切り込みとは

ニシン切込み

「切り込み」は、生魚を切り刻んで塩と米麹で漬け込んで熟成させたものです。

「魚醤」を作る過程なので、旨味成分のアミノ酸が豊富に含まれている一方、「魚醤」ほど強烈でないにしろ独特の生臭さを嫌う人もいます。

イカの塩辛を美味しいと思う人なら、たいていは抵抗なく、その美味しさを楽しめると思います。

似たものとして、カツオの内臓を発酵させた「酒盗」がありますが、「ニシンの切り込み」は、発酵期間が短く、匂いもそれほど強烈ではありません。子どもだって抵抗なく食べられます。

イクラやカニやウニに匹敵する美味しさ

ニシン切込み

イクラ、カニ、ウニは、大人気の北海道グルメの代表ですが、同時に価格もそれなりに高価で、地元でも贅沢品の部類に入ります。

一方で、ニシンは近年、漁獲量も回復し、豊富な資源量があります。スーパーでは型の良いニシン1尾100円~200円で販売されています。

そんなニシンの加工品である「ニシンの切り込み」は、200gで400円前後。酒のツマミにするなら1週間は持ちます。もちろんご飯に乗せても最高。そして、パスタの味付けとしてもバッチリなんです。

【関連リンク】「ニシンの切り込み」で絶品パスタ!調味料いらずで誰でも簡単に作れる【北海道食材レシピ】

生魚の麹漬けですが、塩分が多いので、車中泊の方が氷を入れたクーラーボックスで10度程度で保管できれば数日は大丈夫だと思います。

地元のスーパーマーケットはグルメの宝庫

ニシン切込み

北海道に限らず、地元のスーパーマーケットには、地元の人が日常的に食べているその地方ならではの食材が豊富です。

価格は庶民的。全国を旅している人は、ぜひともスーパーマーケットをチェックしてみてほしいですね。

北海道を訪れたら、ぜひ「ニシンの切り込み」をお買い求めください!

【関連記事】

hokkaido.lomo.jp

【おすすめ記事】※当サイト外

roomstyle.net