恵庭市のご当地カレー「えにわんカレー」2020年4月誕生!地域活性化の取組【恵庭市】

画像はイメージです。 mahalopukaさんによる写真ACからの写真

2020年4月、北海道恵庭市のご当地カレー「えにわんカレー」 が誕生する誕生するらしいのですが、ネット検索してもどこにも情報がありません。

そこで、この記事では、「えにわんカレー」を検索する人のために、2020年3月11日現在で分かっていることを記しておきます。

スポンサーリンク


恵庭産品とおからパウダーを使うのが条件

「えにわんカレー」とは、2020年3月1日に発足した「えにわんカレーネットワーク」(会長:余湖智さん)が推奨する北海道恵庭市のご当地カレーのことです。

事の始まりは、2019年12月に「カフェ&ダイニングバーLin(リン)」(オーナー:朱田年秀)が地場産のトマトピューレを使ったレトルトカレーを開発したのがきっかけ。

「えにわんカレー」の条件は恵庭産の農畜産物と“おからパウダー”を使うことと定義されています。

おからパウダーは、健康志向をアピールしたいとの意図があるそうです。

地元飲食店らの地域活性化の取組

「えにわんカレーネットワーク」は、恵庭市内の飲食店がご当地カレーで地域活性化を目指そうと、2020年3月1日に設立されたもので、鉄板焼きやカフェ、居酒屋など7店で構成されています。

そのほかにも、農業者や小売店も準会員や賛助会員として参加しているといいます。

「北海道ご当地カレーエリアネットワーク」が2020年4月29日から道内各地でスタートさせるスタンプラリーにも参加する予定で、これに間に合うよう、4月中に各店でメニューの提供を始めたい考えとのことです。

情報元:2020年3月11日付 北海道新聞(恵庭版・千歳版・江別版など)

スポンサーリンク




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする