道の駅スワン44ねむろで北太平洋シーサイドラインの写真展~2019.07.02~30落合地区の魅力


ネムロの自然をテーマにした写真展「ニムオロ・ユルリ・チカプ・ノンノ(根室・鵜のいる島・鳥・花)」が2019年7月2日~30日の期間、「道の駅スワン44ねむろ」で開かれています。

スポンサーリンク


2019年7月18日付けの北海道新聞朝刊(道東版)によると、この写真展は、ユルリ島を含む落石地区の「北太平洋シーサイドライン」の景観美を伝える写真展で、JR花咲線(根室本線)のラッピング列車が三里浜の丘を走る写真や、浜松フットパスから眺めるユルリ島など19点を展示。

参加した写真家は、市内の山本晴貴さん、森庸子さん、尾形恵子さんの3人。

また、会場では、同時に「根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会」が根室の四季の植物を写真で紹介しています。

写真展「ニムオロ・ユルリ・チカプ・ノンノ(根室・鵜のいる島・鳥・花)」

期間 2019年7月2日(火)~30日(火)
会場 道の駅スワン44ねむろ(北海道根室市酪陽1番地)

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする