【速報・訃報】日高晤郎氏(享年74)_悪性腫瘍(脂肪肉腫)により2018年4月3日死去

STVラジオ「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」(毎週土曜8時放送)でパーソナリティとして“北海道のやしきたかじん”の異名をとったタレント・俳優「日高晤郎」氏が2018年4月3日に亡くなりました。

今年に入ってから悪性腫瘍(脂肪肉腫)が見つかり、手術のため番組を休んだ際には、それまで1回の休みもなく続けてきたことから、全国ニュースとなりました。

以降、通院治療をしながら仕事をこなしてきましたが、4月3日の朝に容態が急変し、その日の午前10時48分 、帰らぬ人となりました。

※この記事は、速報的にいったん公開投稿しますが、今後、北海道で活躍された日高氏の足跡等も追記して、記録していきたいと思います。

スポンサーリンク


STVラジオ「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」(毎週土曜8時放送)パーソナリティ 日高 晤郎(ひだか ごろう)さんが病気療養中のところ悪性腫瘍(脂肪肉腫)により4月3日 午前10時48分 永眠いたしました。享年74でした。
心から哀悼の意を表しますとともに、生前に賜りましたご厚誼に感謝し、謹んでお知らせ申し上げます。

日高晤郎さんは1978年34歳の時にSTVラジオの番組を担当して以来、40年間に渡ってSTVラジオの看板パーソナリティとして活躍されてきました。1983年39歳の時にスタートした「ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー」では歯に衣着せぬ語り口が人気を呼び、以来35年間に渡って毎週9時間の生放送を続けてこられました。

今年に入ってから悪性腫瘍(脂肪肉腫)が見つかり、通院をしていましたが、本人の強い意思により、先月までステージの司会進行、番組出演などを精一杯こなしてこられました。しかし、今朝から容態が急変し、今日午前、帰らぬ人となりました。

株式会社STVラジオ

引用STVラジオ

<その後>2018年4月7日には追悼番組がラジオとテレビで放送され、翌週14日からは「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー フォーエバー」として、吉川のりおアナウンサーがメインパーソナリティを務め放送されています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする