アークスが釧路市鳥取大通に複合商業施設建設計画2020年グランドオープン予定【北海道釧路市】



アークスグループの福原(帯広市)が、釧路市鳥取大通り2丁目のビッグハウス釧路店と北西側に隣接する十條アイススケートセンター跡地を加えた4万8500平方メートルの敷地に、複合商業施設を建設し、2020年のグランドオープンを目指していることが分かりました。

スポンサーリンク


これら商業施設の核となる食品スーパーは、2019年4月オープン予定。これ以外のホームセンターや銀行、スポーツ・娯楽関連施設と飲食店2店は各事業者が敷地内に建設し2020年のグランドオープンを目指します。各事業者は、福原に土地の賃借料を支払う仕組みとのことです。

建設計画を報じた北海道建設新聞

2018年10月07日
スケート場跡地一帯に複合商業施設/釧路

釧路市鳥取2の旧十條スケート場跡地を含む日本製紙所有地にスーパーやホームセンター、飲食店、金融機関など6施設が入る複合商業施設が整備される。

スーパーマーケットのアークスグループ、(株)福原(本社・帯広市)によるもので、4万8500平方㍍の土地を借り受けて今月3日には地鎮祭が行われ、15日着工する。一角のスケート場跡地には食品スーパー「スーパーアークス(仮)」を建設、来年春のオープンを予定している。

グランドオープンは2020年中を目指す。

現在同敷地内で営業中のビッグハウス釧路店は解体され、一部駐車場スペースとなる。同建物は1965年に商業施設の十條サービスセンターとして建設されたもので老朽化が進んでいた。

引用/釧路新聞

【関連記事】

hokkaido.lomo.jp

株式会社福原公式サイト

釧路市(フリー素材集より)

<経済情報サイト「リアルエコノミー」の記事>

hre-net.com

建設予定地アクセスマップ・地図

(北海道釧路市鳥取大通2丁目2-8)

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする