白老駅北観光商業ゾーンに2020年4月新ホテル開業予定_アイヌ料理店併設【白老町】


白老町の白老駅北広場の一部に2020年4月の完成を目指しホテルが建設されます。

<2019.09.30追記>当計画はその後、事業者が建設計画を断念したことが伝えられています。下記の記事をお読みください。
白老駅北側商業ゾーンのホテル建設断念_その背景と町民の反応【白老町】/2019年9月30日

スポンサーリンク


ホテル建設を計画しているのは、札幌の建築・不動産投資会社のパーフェクトパートナー(末岡由紀社長)で、2019年5月9日に白老町役場内で事業概要を発表したことが報道されました。

場所は、白老町若草町1丁目の敷地1,760平方メートルに木造2階建て、延べ床面積約1,000平方メートル、客室20室のほかアイヌ伝統料理をメインに提供するレストラン、アイヌの美術品や工芸品を展示販売する「アイヌアートミュージアム」を設けるとのこと。総事業費は約2億5000万円。

白老町では、白老駅北側商業ゾーン1.5haのうち3区画0.5haを民間活力導入区域として、飲食・物販、宿泊施設整備などを担う事業者を募集していました。

うち1区画に応募のあったパーフェクトパートナーから事業提案を受け、5月7日付けで協定を締結、10月着工を目指すとのこと。

公募型プロポーザルで応募が無かった2区画には、6月以降に改めて再募集するとのことです。

■ホテル建設予定地
住所 北海道白老郡白老町若草町1丁目

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする