★諸説あるトウモロコシの茹で時間の正解が判明!さらに大事なポイントあり


この記事では、諸説あるトウモロコシの美味しいゆで方について、最終結論を導き出します。

スポンサーリンク



クックパッドはアテにならない

まずは、クックパッドはアテにしないでおきましょう。、様々なユーザーがレシピを投稿する「クックパッド」を見てしまうと混乱の原因です。

ある程度、根拠を元にプロが解説しているサイト、あるいはプロの見解を引用してまとめているサイトなどを参考にすると良いでしょう。

諸説ありすぎて分からないトウモロコシの正しいゆで方

北海道を代表する夏の味覚トウモロコシ。寒暖の差が大きいことから甘みが強く、旬は7月上旬から9月末くらいといわれています。

さて、美味しくゆでるにはどうしたらよいか、皆さん、ゆでる段階になってネット検索したりしていますね。

ところが、「水からゆでる」、「沸騰してから投入する」「茹で時間は5分くらい」、「茹で時間は10分~12分」などと、いろいろです。

まずは、様々なサイトから、トウモロコシのゆで方のコツを見ていったあとに、一定の結論を導き出すとしましょう。

鮮度が命、そして皮付きのまま持ち帰る

とうもろこしは皮をむくと鮮度が落ちていくので購入時は皮付きのまま自宅へ持ち帰ります。
<中略>
時間がたつにつれて甘みはどんどんなくなります。購入後、とにかく早く調理してしまう(ゆでてしまう)のがBESTです!
クックパッド

水から茹でても、お湯から茹でてもOK

水からじっくりとゆでることで、粒の中に水分がたっぷりと蓄えられ、ジューシーな仕上がりに!
ゆでる本数や大きさによりますが、1本の場合は3~4分。複数本の場合は4~5分を目安にゆで上げます。
とうもろこしを塩水(水1Lあたり塩大さじ2)につけて、自然に冷ます。
お料理まとめ

「水からゆでる」とジューシーになり、「湯からゆでる」ほうがシャキッとするので、食感のお好みに合わせたゆで方にしてください。
Lidea

茹でるときに皮を1、2枚残した方が良い

とうもろこしはゆでる前に皮をむきますが、皮を1〜2枚だけ薄く残してからゆでます。

これは、皮を残したほうがゆでる時、ゆでた後にも水分が飛びにくく、ジューシーな仕上がりになるため。また、ゆでたあとに残った皮をむくと、ひげを簡単にきれいに取り除くこともできます。
白ごはん.com

とうもろこしの茹で時間は3分~12分まで諸説あり

とうもろこしのゆで時間は10〜12分が目安です。


白ごはん.com

5分ほどゆでる。
Lidea

うす皮が付いた状態のとうもろこしを鍋に入れ、3〜5分茹でます。品種によって若干茹でる時間は異なりますが、長くても5分以上は茹でないようにしましょう。長い時間茹で過ぎると、味が落ちてしまうんですね。
3up LIFE

結局「レンジ調理」が簡単でおススメらしい(苦笑)

皮ごとならそのまま。皮なしならラップに包んで。普通のゆで方よりもずっと甘いですし、栄養も逃さず摂れます。
しかもまったく手間がかかりません。
1本なら5分ほどで完成です。
やまでら くみこ のレシピ

スポンサーリンク

トウモロコシのゆで方・ゆで時間の最終結論

  • トウモロコシは収穫してからの時間が短いほど美味しい。
  • 皮付きのまま購入して家に持ち帰る
  • ゆでる直前に皮をむく。ただし皮は数枚残しておいた方がベター
  • 水からゆでても、沸騰してから投入してもどちらでも良い。
    「水からゆでる」とジューシーになり、「湯からゆでる」ほうがシャキッとする。
  • 茹で時間は、品種によって異なるが、現在主流となっているスーパースイート種は3~5分くらいが目安。

※茹で時間10~12分というのは、昔の品種の場合の定説の名残だと思われる。

超大切なポイント発見!塩のタイミング

あらかじめ塩を入れたお湯(もしくは水)でとうもろこしを茹でる人もいますが、浸透圧によってとうもろこしから水分が抜けてしまうことも。また、塩を吸収することで「茹でたらシワシワに…」なんてことも時々あるので、“お湯から引き上げた後”に塩で味付けをするのがおすすめです。身を縮めることがなく、保存も出来ますよ。はっきりとした塩味が、とうもろこしの甘さをより一層引き出してくれます。全体に一つまみふりかければOK!
アマノ食堂

<これを追加>

  • お湯から揚げてから塩をふる

最後に

筆者は、これまでずっと、「トウモロコシの茹で時間は10~12分」と覚えていました。筆者が子供時代を過ごした昭和50年代の、トウモロコシの主流といえば「ハニーバンタム」という品種です。当時は、歯にくっつきにくくて食べやすいという評判だったかと思いますが、今思えば、歯にくっつきまくりでしたね。

現在、主流となっているスーパースイート種とは比べ物にならないジューシーで、リンゴみたいにみずみずしいですね。シャキシャキとして歯には全然くっつきません。

そして、近年では、生のままで食べられる「ゴールドラッシュ」、「ピュアホワイト」なんていう品種まで登場しています。

当然、「ハニーバンタム」時代と比べると、茹で時間は短くて済むわけですね。

ということで、スーパーマーケットで普通に購入できる品種を、自宅でゆでる場合には、3~5分で十分ということなのでしょう。

そして、水から茹でてもお湯から茹でてもOK。レンジで調理するという手法があることも分かりました。

そして、茹で時間ばかりに気を取られていたら、最後の最後に、「塩は茹でてから」という超大切なポイントまで発見してしまいました。

今年の夏こそ、一番おいしい調理法でトウモロコシをいただきたいものですね。

最後に、大切なことを忘れていました。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする