ドン・キホーテはイトーヨーカドー釧路店跡地を狙っているのか?ビルオーナーの交渉相手とは?【北海道釧路市】



2019年1月に閉店した「イトーヨーカドー釧路店」。その跡が何に生まれ変わるのか、どんなお店が出店するのか、気になりますね。

気になるドン・キホーテの動き


ところで、業績不振で閉店した店舗に居抜き出店することでコストを抑えて展開してきた「ドンキホーテ」。

北海道では、「そうご電器」の廃業後にその多くの店舗が「ドン・キホーテ」へと生まれ変わりました。

スポンサーリンク


2013年、「イトーヨーカドー新川店」跡に「MEGAドン・キホーテ新川店」をオープンさせたことは記憶に新しいところです。

2017年11月には、グループ全体で400店舗にまで増やし。2020年には500店舗達成を狙っているといいます。

最近の動きを見ても、2018年8月に閉店した札幌市北区の「トライアル篠路店」跡に2019年春にも出店する予定です。

https://hre-net.com/keizai/ryutu/33239/

さて、気になるのは2019年1月に閉店した「イトーヨーカドー釧路店」の跡が何になるかということです。

<北海道新聞 動画ニュースより イトーヨーカドー釧路店閉店当時の様子>

当然、「ドン・キホーテが出店するのでは?」というウワサが出回っています。
このウワサは、ドン・キホーテのこれまでの動きをとらえた憶測にすぎないのか?それとも信憑性のある根拠があるのでしょうか。

スポンサーリンク

月刊クオリティが報じたこととは?

そんな折、「月刊クオリティ(2019年2月号)」がこのウワサを報じました。

この記事の中では、「イトーヨーカドー釧路店」が入居していた「第1サトービル」のオーナーが「現在、大手流通1社と協議中だがまだ公表できない」と言っていることが書かれています。

釧路町の「ドン・キホーテ釧路店」とは約4kmほど離れていますので共存できる範囲内でしょう。

釧路市では、釧路駅周辺の市街地を核として都市機能を集約するコンパクトシティを目指しているだけに、「イトーヨーカドー釧路店」の跡が引き続き集客を見込める店舗となることが期待されています。

スポンサーリンク

■イトーヨーカドー釧路店跡
住所 北海道釧路市新橋大通6丁目2( 第1サトービル)

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村