【仰天な賞品】旧江差線の廃レール(本物4.5m)が副賞のクイズラリー!当たったらどうする?【木古内町】


画像出典/木古内町

賞品として、旧JR江差線のレール2本が当たるクイズラリーが北海道木古内町で実施され、長さ4.5メートル重さ230キロもある本物のレールを引き取る人がいるのかどうか?と話題になっています。

スポンサーリンク


画像出典/木古内町

副賞のレールを持ち帰るにはクレーンとトラックが必要

北海道の木古内町で、JR江差線のレール2本が当たるクイズラリーを2019年9月1日まで実施しています。

しかし、このレールというのは、2本とも長さ4.5メートル、重さ230キロもあり重機が無いと運び出すことは困難。

レールが当たるのは、特賞1名。1万円相当の木古内町の特産品とレールが商品。1年以内に自分で受け取らないと権利は消えるとのこと。

画像出典/写真AC

鉄道のまち木古内町クイズラリー

期間 2019年8月1日(木)~9月1日(日)

応募方法

「新幹線木古内駅」、「道の駅みそぎの郷きこない」、「木古内町郷土資料館」、「道南トロッコ鉄道」のうち、3か所を訪れてクイズに解答してください。

各会場に設置された応募用紙にクイズの解答を記載して、応募箱に投函するか、郵送でも受け付けています。

また、「道南いさりび鉄道」車内に掲示しているキーワードを応募用紙に記入すると、応募箱投函時に記念品が贈呈されます。。

※応募用紙は「新幹線木古内駅」、「道の駅みそぎの郷きこない」、「木古内町郷土資料館」、「道南トロッコ鉄道」に設置してあります。

応募用紙郵送先

〒049-0422 北海道上磯郡木古内町字本町218 木古内町役場まちづくり新幹線課新幹線振興室

景品

特賞

木古内町特産品 1万円相当   1名
副賞:旧JR江差線(木古内-江差間)レール2本
※1本あたり長さ4.5m、重さ約230kg
※レールは廃線5年間の歴史を感じていただくため、サビ等は現状のまま引渡し。自己の管理・責任で運搬してください。
※レールは1年間保存いたしますが、保存期間終了後は権利が無効になります。

A賞

木古内町特産品 3,000円相当  10名

B賞

道南いさりび鉄道ペーパークラフト全種類セット 30名

その他

特賞の副賞として贈呈されるレールは、木古内町大川地区の旧JR江差線の踏切部分のもので、現在は、踏切跡そばの線路内に置かれているとのこと。

公式情報(木古内町公式サイト

旧江差線とは

道南いさりび鉄道を走るキハ40系の国鉄色の車両
画像出典/写真AC

JR江差線は、木古内~江差間を運行していましたが、北海道新幹線の開業に先立ち、2014年5月12日に廃止し(最終営業は11日)、函館バスの路線バスに転換されました。

その後、北海道新幹線新函館北斗駅開業(2016年3月26日)時に道南いさりび鉄道に移管されました。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする