芦別市の川島書店2019年6月29日閉店65年の歴史に幕。当市出身ようへいさんも嘆く【北海道芦別市】


芦別市内で唯一の書店となっていた「川島書店」(芦別市北1東1)が2019年6月29日をもって閉店し、65年の歴史に幕を閉じます。

スポンサーリンク


このニュースは、2019年6月18日付け北海道新聞(中・北空知版)が報じたもので、インターネットやスマートフォンが普及するなど時代の変化の中で経営の維持が難しくなったようです。

新聞記事では、1954年6月10日、先代社長の故川島昭二さんが妻ナツ子さんとともに始め、3年前に先代社長が亡くなってからは現在は娘の川島香さんが経営を継いでいました。


芦別市出身のタレント「ようへい」さん。ラジオの放送で思い出を語るそうです。

■川島書店
住所 北海道芦別市北1条東1丁目6−4
営業時間 9:00〜19:30

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする