釧路の「赤ちょうちん横丁」は、酒場の聖地♪26店がひしめき合うパラダイス

<公式Facebookより>

JR釧路駅から徒歩で約15分、居酒屋が立ち並ぶ上川町の一角に「赤ちょうちん横丁」はあります。

道内各地に、屋台村や横丁はあれど、ここ釧路の「赤ちょうちん横丁」ほど趣のある場所は無いでしょう。

スポンサーリンク


View this post on Instagram

釧路のグルメが集まる横丁、通称”赤横”。 マスターや他のお客さんと会話を楽しむのも旅の醍醐味‼ 気になるお店をハシゴして、釧路の夜を満喫してね🎵 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Place▶ #北海道 #釧路 #赤ちょうちん横丁 Photo by▶ @sawamuni OOKINI!! . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Peachでは各就航地で撮影された皆さまのお写真を Instagramでご紹介させていただいています✨ . #fly_peach #ookini #釧路グルメ #異世界感 #ひがし北海道 #赤横 #ほっかいどう #北海道は元気です

Peach [ピーチ]さん(@flypeach)がシェアした投稿 –

現代の横丁ブーム

横丁とは表通りではなく、裏路地の細い通り沿いに張り付くお店などの一群のこと。

10年~20年ほど前でしょうか、屋台村が大ブームとなり、屋台村風にアレンジした居酒屋も多く登場しました。横丁風にアレンジしたビルも出現。

雑然とした飲み屋街が、オジサンたちだけでなく若者たちの心もつかんだのです。

終戦直後の闇市がルーツ

終戦直後に闇市に由来する横丁は、東京では有名な「アメヤ横丁」「ハモニカ横丁」などが有名です。

そして、ここ釧路市の「赤ちょうちん横丁」通称「赤横」も、戦後間もない頃のリヤカー屋台営業がはじまりで、釧路市内を転々とするうち、昭和43年に共同店舗を設け「赤ちょうちん横丁」が誕生しました。

新しくなった「赤ちょうちん横丁」

2006年にリニューアル工事が完了し、汲み取り式トイレもきれいになったようです。

和食、洋食、居酒屋、バー、フレンチ、寿司、ワイン・・・26店舗それぞれの個性は、年代性別を問わず楽しめるラインナップ。


こうやって、もっともらしく文章を書いている筆者ですが、何を隠そう、訪れたことはありません。しかし、無類の横丁好きとしては、北海道内で一番行きたい場所かもしれません。

View this post on Instagram

#SEISEI#赤ちょうちん横丁#くしろ#店長めっちゃいい人#野菜巻き#雰囲気よし

モリスエさん(@kkkgvdggat19981027)がシェアした投稿 –

いつか、いつの日か、実際に26店舗をハシゴして、自分の感想をリポートしたいです。

■赤ちょうちん横丁
住所 北海道釧路市上川町4-1

公式サイト

フリーWi-Fi完備

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする