セイコーマートのカップ麺「名古屋 台湾ラーメン」が旨い!辛いけどアッサリのスープが特徴。

セイコーマートのカップ麺「名古屋台湾ラーメン」をいただきました。

「名古屋?」なのに「台湾?」、北海道民には謎が残るこのネーミング。味見をしながら謎を解いていきましょう。

スポンサーリンク


台湾ラーメンとは

まずは、「台湾ラーメン」とは何かをウィキペディアで確認してみましょう。

台湾ラーメン(たいわんラーメン)は、主に中京圏で供されるラーメンの一種である。「台湾麺」とも。豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたもので、大量のニンニクを入れるのも特徴。

「台湾」と名付けられているが発祥は愛知県名古屋市で、名古屋めしの一種とされ、台湾では「名古屋拉麺」と呼ばれている。
Wikipedia台湾ラーメン

なるほど、「台湾ラーメン」というのは名古屋のご当地ラーメンなのですね。

実は、1970年代に名古屋の台湾料理のお店で、台南名物の担仔麺(担通麺、タンツーメン)を基にした賄い料理が起源なのだそうです。

台湾風でありながら名古屋アレンジが加えられた「台湾ラーメン」は、名古屋市内の中華料理店のおよそ7割がメニューに置いているというから驚きです。

上の写真は、札幌市厚別区にある台湾料理店「北海楼」で出されている台湾ラーメンです。

脂分が少ないアッサリとしたスープながら辛そうなのが見ても分かりますね。

セイコーマートの「名古屋台湾ラーメン」

肝心のセイコーマートのPB商品である「名古屋台湾ラーメン」をいただいてみましょう。

赤いパッケージがいかにも辛そう。

当然ながら栄養成分表を見ても、辛さの度合いは分かりません。カロリー的には他のカップ麺と変わりません。

備え付けの液体スープは食べる直前に入れます。

お湯を入れて3分の状態。唐辛子が入っているものの、それほど辛くもなさそうです。

液体スープを入れます。赤いです。このスープに辛み成分が多量に入っているものと思われます。

ご覧のとおり、まっ赤っか。しっかりニラも入っていますね。

お味は・・・うん、旨い♪油分が少ないのスープの旨味に加えて辛さらが強烈なので、食べ応えがあります。

これは、クセになりますよ。なかなか高品質な一品でありました。

セイコーマート公式サイト

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村