北海道拓殖バスが運賃のQRコード決済(道内初)を実施【十勝地方】


画像出典/北海道拓殖バス

「北海道拓殖バス」は、北海道ではじめて路線バス40台でQRコード決済を導入することを決めたと報じられました。

スポンサーリンク


これは、2019年10月29日付け北海道新聞(帯広・十勝版)が報じたもので、北海道拓殖バスでは、老朽化した運賃箱の更新に伴いQRコードによるキャッシュレス決済を導入するとのこと。

十勝管内では、既に十勝バスが電子マネー「WAON(ワオン)」を使ったキャッシュレス決済を一部路線で導入していますが、QRコード決済は、今回が初となるようです。

参考:自衛隊稲田線と畜大線で電子マネー「WAON」が使えます

乗客は、乗車時に発券機から整理券を受け取り、下車時にそれを運賃箱に入れると、QRコードが表示されます。乗客はスマーフォンなどでそのQRコードを読み取ることで決済できる仕組みです。

■北海道拓殖バス
公式サイト

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする