北海道ローカルニュース まち・ひと・しごと

観光、経済、生活、小さな話題…北海道のローカルネタ・情報が満載

未分類

増毛商工会発売の養毛剤「増毛町の願い」薄毛男性の切実な思いを叶えるか【北海道増毛町】

投稿日:2018年8月22日 更新日:

髪の毛の聖地として巡礼対象の観光地と化している北海道の「増毛町」。この増毛町から、養毛剤が発売されているという情報をつかみ、リサーチしてみました。

スポンサーリンク


増毛町ってどんなまち?

増毛町は、江戸末期には北方警備の拠点となり、明治期には港湾、鉄道の整備が行われました。その後も豊富な水産資源に恵まれ特にニシン漁で栄えました。

このことから、増毛町には歴史遺産が多く国指定の文化財や造り酒屋などの観光資源が充実し、高倉健主演の映画「駅 STATION(ステーション)」の舞台にもなりました。


人口は、昭和30年(1955年)の16,768人をピークに減少傾向が続き現在は5,000人を割り込んでいます。

一方で、観光入込客数は、ここ10年で2割以上増加し、増毛町では水産業や酒造業などと連動させた観光に力を入れています。

増毛春の味まつり

毎年5月に開催されている「増毛春の味まつり(旧増毛えび地酒まつり」では、増毛町の海産物とともに国稀酒造の限定酒が味わえることから大人気となっています。

無料の試飲も豊富で、酒好きにはたまらないイベントです。

ちなみに、増毛町という町名の由来は、アイヌ語で「かもめの多いところ」という意味の「マシュキニ」又は「マシュケ」が転じたものであるといわれています。

スポンサーリンク


髪の毛の量に悩む男性の希望の地

北海道民には当たり前に読める「増毛(ましけ)」でも、なじみのない方にとっては「増毛(ぞうもう)」としか読めません。

しかし、この読み違えにより、髪の毛の量に悩む男性たちから「希望の地」として聖地化しているのです。

「小樽市と余市群赤井川村の境にある『毛無峠』から増毛町を見下ろすと髪が生えてくる!」という都市伝説も生まれましたが、小樽から増毛が見えるかといえば、おそらく遠すぎて見えないのではないでしょうか。

それはさておき、今は廃線となったJRの「増毛駅」と書かれた切符やの入場券は、薄毛対策のお守りとして多くの人の心をわしづかみにし、これを求めて増毛へやってくる人が絶えません。

在りし日の増毛駅

増毛町では、JR留萌線の一部廃線に伴う増毛駅廃止の跡も、駅舎を改築して観光資源として残しています。

<ツイッターより~旧増毛駅舎の改築が「髪対応」と大歓迎>

この増毛町役場の決断にはネット上でも「髪(神)対応だ!」と話題になりました。

奇跡は起きるのか?「増毛」の水を使った養毛剤

さらに、増毛町商工会では、増毛町の伏流水を使った養毛剤まで開発してしまったというから驚きです。

養毛成分としてはカバアナタケエキスが成分として示されていますが、神頼みしたいくらいの気持ちの薄毛男子にとっては、この商品の価値は、何よりも「増毛産」ということにあるでしょう。


画像出典増毛町商工会

観光資源も豊富な増毛町ですから、お酒やぶどう狩りついでに、気軽に「増毛町の願い」を入手する旅、なんて楽しいかもしれませんよ。

「増毛町の願い」、薄毛で悩む男性の救世主となるか?その効果はいかに?!

■スカルプヘアローション「増毛町の願い」

100ml 税込み価格1,000円

【成分】
水・BG・カバアナタケエキス・グルコシルヘスペリジン・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・フェノキシエタノール・メチルパラベン

【販売元】
増毛町商工会
北海道増毛郡増毛町稲葉町1丁目
TEL 0164-53-2319
FAX 0164-53-3093

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-未分類
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新劇団として旗揚げ公演_大空町の「劇団そら」【北海道大空町】

大空町の「劇団めまんべつ」と「町民舞台東藻琴」の2つの劇団が合併し「劇団そら」が旗揚げしたという話題です。 大空町は町民による劇団が盛んなまちだということですが、これまで2つの劇団は、団員不足から互い …

「FMあばしり」2019年2月開局!網走市内のほか大空町と小清水町の一部で聴ける【北海道網走市】

2019年2月、北海道網走市内にコミュニティFM放送局「FMあばしり」が開局します。 オホーツク館内では北見市で2008年開局した「FMオホーツク」以来2番目の開局となります。 スポンサーリンク 20 …

2018年積丹半島ブルーラインスタンプラリー開催中!10月31日まで【北海道後志地方】

透き通る海が美しい積丹半島周辺のグルメスポットを巡るスタンプラリー「積丹半島ブルーライン スタンプラリー」が2018年7月23日(月)~10月31日(水)の期間で開催されています。 <積丹観光協 …

観光客が増えてきたベッドタウン江別市【江別市】

札幌市に隣接する江別市は、高度成長期に大規模な団地造成などで人口が急増し、その後も、札幌市のベッドタウンとして栄えた印象があります。 この江別市が最近、札幌から半日程度で気軽に訪問できることから、身近 …

天然の炭酸水「ドラゴンウォーター」が沸く北海道「島牧村」は奇跡の秘境【北海道島牧村】

自然に湧き出ている炭酸水「ドラゴンウォーター」なるものが、北海道の後志地方の島牧村にあります。 “奇跡の水”ともいわれる天然炭酸水の「ドラゴンウォーター」とは、いったいどのようなものなのでしょうか。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク